受付時間 火〜土 15:00~21:00

リスニングは大丈夫ですか?4つのポイントおしえます!

 
この記事を書いている人 - WRITER -

こんにちは。ECCベストワン藤沢校の川崎です。

今期でセンター試験が終わりますね。来年からはいよいよ共通テストが始まります。
英語に関しては、「同時に民間試験を導入!」⇒「いや、やっぱり延期!」と、大変でした。
延期された後、何が変わって、何が変わらないかについては、こちらをご覧ください

共通テストでは、リーディングとリスニングの配点が同じになります!
民間試験の導入が延期になったことで、センター試験の配点に戻るかと個人的には思ったのですが、文科省は「変更なし」を発表しました。

配点は、以下のように変わります。

 

そこで今回のテーマは「リスニング」です。リスニングが100点になるって大変なことじゃないですか?
私は、高校まで公立で英語の授業を受けていただけなので、リスニングがとても苦手でした。

 

今回もまた学校長にリスニングについて聞いてみましたが、納得!です。
地味な作業ではありますが、学校長に言われた通りに真面目に取り組めば、リスニング力アップは間違いないと確信しました。

「苦労知らずでリスニングアップ!」「遊び感覚で聞けるようになる!」などとは言いません。一緒に地道に頑張りましょう。

 

 

リスニング力アップのための
4つのポイント

 

コツコツと単語力を上げる

 

川崎:まあこれは基本なんですかね?確かに知らない単語は聞けませんね。逆に知ってる単語ばかりが聞こえてきたら、だいたい意味は分かりますものね。

 

学校長はい。見たり聞いたりしたことのない言葉は、聞き取れません。たとえ知っている単語ばかりであっても、実際の会話は単語と単語がくっついて聞こえる「リンキング」サウンドで聞こえてきます。海外のスタバで注文し終わった後に現地のスタッフが私に言った、「アンジャネーノ?」。未熟だった私は、「日本人はコーヒーに砂糖ではなく、あん(あんこ)を入れるんじゃねーの?」と解釈しました。来たなアメリカンジョーク。と思って笑っていたのですが。その後、And your name?と、スタッフは私の名前を聞きたかったんだと知った時の衝撃はもう。「海外では注文の後に名前を聞くことがある」らしいです。
少し脱線したようですが、リンキングサウンドがあったとしても、あきらめるのは早いです。単語・熟語を知っていれば、人物や場面の前後設定など一定の「流れ」はつかめるはずです。単語力をアップさせて、そこを先に捉えると聞き取りもし易いでしょう。

 

聞き流しNG

川崎:昔、「FENを毎日聞いていれば、だんだん英語が聞き取れるようになるよ」と言われましたが、全然効果はありませんでした。
※FEN:Far East Networkという米軍向けラジオ。英語放送。現在はAFN (American Forces Network)という。

 

学校長聞いてる内容に意識を向けないで耳に入ってくる、という状態を「聞き流し」と言うならば、聞き流しでリスニング力が向上することは絶対に無理です。意識しなくても耳に入ってくるだけでいいのであれば、睡眠中に音声を流しても聞こえるようになるはずです。なので、聞き流しは意味がないでしょう。

 

スクリプトを見ながら
リピートする

川崎:リスニングで流れるセリフが書いてあるスクリプトをきちんと見ながらリピートするということですね。

 

学校長はい。これは上で言ってきたこととつながっています。何と言っているのか知らないまま聞いていても、リスニング力はつきません。スクリプトを見て、何と言っているのか分かりながら、「この部分をこんな風に発音しているんだ!」と気付きがありながら進める必要があります。

 

川崎:お勧めの教材とかありますか?

 

学校長私はイングリッシュ・ジャーナル(ENGLISH JOURNAL)という雑誌を利用しました。市販教材ですので、どこでも手に入ります。また、学習用ですので、日本語訳や英語学習に役立つ情報が満載です。いわゆる「時の人」のインタビューも取り上げられているので、当時ミーハーだった私はすぐに食いつきました。

 

川崎:たまに、洋楽を聞くといい、という記事を見ますが…

 

学校長最初の興味付けのためにはいいかもしれません。最初は何と言っているかわからないけど、かっこいい曲調が気に入って聞いてたら、歌詞も気になって、という風に。これまでに言っていた通り、何と言っているのか歌詞を確かめてみて、「確かにこう言ってる、言ってる!」って感じで聞き取らなければ、リスニング力は全くつきません。逆に、学習のためだからと言って、自分が興味もない洋楽を聞くことから始めようとするのは逆効果かもしれません。実は歌の中の言葉を聞き取るのは、結構難易度が高かったりします。日本語の歌でも、何と言っているのか聞き取りにくい曲ってあったりしませんか?

 

スクリプトを見ながら一緒に話す

川崎:重ねて読むということですね。自分とネイティブの違いが分かっていいかも!?

 

学校長そうなんです。英語学習法で言うところの「オーバーラッピング」というやり方が1番効果的です。意味の分かっているスクリプトを見ながら、音声と同じ速度で同じ抑揚で、音声に重ねてスピーキングするのです。モノマネに近いです。でも、何と言っているのか、また、言っている意味を分かりながら行うわけですね。CDの内容全部をオーバーラッピングするのは、相当ハードです。最初は1文でもいいんです。そこから2文、1段落、最後には全体という風に増やしていきます。増やせる人はもっと増やしてもいいですが、それが必ずしも必要ではないことを言っておきます。オーバーラッピングできるようになった部分、最低でも1段落くらいは頑張って欲しいところですが、そこを何度も繰り返してやるだけでも大きな効果があります。ちなみに、1段落をオーバーラッピングできるようになるには、私は30回、いや50回くらいは練習が必要でした。いざできるようになれば、もっとスピーキングしたくなってきます。だって、ネイティヴみたいに話せるんですからね。

 

川崎:イヤホンとかした方が最初は集中しやすいですかね?

 

学校長イヤホンをするしないは関係ないと思います。集中しやすい方で良いと思います。

 

川崎:この重ねて読むことで、英語のリズムが入ってくるってことですかね?実際にリスニング力があがるのですね?

 

学校長スピーキングの向上とリスニングの向上が密接に関係しているのは確かです。密接に関係しているというか、同じこととして捉えた方がいいですね。「Let it go」は、自分が話し手の時には「レット イット ゴー!」と発声するけど、自分が聞き手になった時には「レリゴー」と聞く。覚えることが倍になっているし、そんな分けて考えるなんて覚え方、考え方は全くナンセンスじゃないでしょうか。英語を聞き取るのにも発音するのにも、英語特有の抑揚・強弱に慣れることがポイント。ネイティヴの発音をモノマネすることで、リスニングとスピーキングが同時に学習できるのです。

 

リスニング力アップのために、参考にしてみてください。
ひとりでは不安だという方は、是非ご相談ください。

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です