受付時間 火〜土 15:00~21:00

<エア英会話> 休み明け① #009

 
この記事を書いている人 - WRITER -

「英語をコミュニケーションツールとして使えるようになりたいけど、英会話をする相手も時間もない」という声をよく聞きます。

そうなんです。英会話を修得するには、本や音源などから知識を得るインプットだけでなく、自分で英語を発するアウトプットが必要なのです。

そこで、空いている時間を使ってエア英会話を始めませんか?

ステップは簡単です。

あるシチュエーションでの会話が表示されるので

  1. 相手のセリフを読む
  2. 「YOU」と書いてあるあなたのセリフを声を出して読む
  3. 次の相手のセリフを読む
  4. 次のあなたのセリフは日本語で表示されているので、自分の言葉で考えてアウトプットする
  5. 最後に解答例を見て、自分で言いやすい表現に変えて、それを自分にインプットする

これだけです。
では早速やってみましょう!

今日は休み明けの会話の1回目です。
あなたの会社の同僚でアメリカ人Paul(ポール)との会話です。

過去のエア英会話はこちらから

 

家に居た場合

 

What did you do over the weekend?
Nothing.
I just stayed home.
YOU
YOU
Really? You didn’t even play video game?
あー、忘れてた!もちろんスイッチはいっぱいやったよ。
友だちともオンラインでたくさん話したし、そうだね、結構楽しい週末だった。

 

 

あー、忘れてた!もちろんスイッチはいっぱいやったよ。

Oops, I forgot about it. I played Nintendo Switch a lot of course.

forgot
(何かについて)完全に忘れてた」ときに「forgot (about it)」を使いましょう。
日本語の感覚だと、「忘れちゃって名前が出てこない」ようなときも「forgot」を使いたくなるのですが、こういうときは以下のように「remember」を使うことが多いです。
I can’t remember her name.
(彼女の名前忘れちゃった)

of course
これもまた日本語の感覚だと「もちろん」という意味の「of course」は先に言いたくなるのですが、意外と最後に持ってくることが多いです。最初に言っても間違いではないですよ。

 

友だちともオンラインでたくさん話したし、そうだね、結構楽しい週末だった。

I also talked to friends a lot online. Yeah, it was pretty good weekend.

online
online
は「オンラインの」という形容詞でもありますが、「オンラインで」という副詞でもあります。
以下のように使ったりします。
I’ll check (that) online.
(ネットで調べてみるよ)

 

ダイアログ全体を日本語と英語で振り返ります。

Paul:
What did you do over the weekend?
週末は何してたの?

YOU:
Nothing. I just stayed home.
何にもしてない。家に居ただけ。

Paul:
Really? You didn’t even play video game?
本当に?ゲームもしなかった?

YOU:
Oops, I forgot about it.
あー、忘れてた!

I played Nintendo Switch a lot of course.
もちろんスイッチはいっぱいやったよ。

I also talked to friends a lot online. OK, it was pretty good weekend.
友だちともオンラインでたくさん話したし、そうだね、結構楽しい週末だった。

 

ケガをした場合

 

I heard you got injured last weekend.
Is that true?
Yeah, I twisted my ankle when I played baseball last Saturday.
But I feel much better now. 
YOU
YOU
Sorry to hear that. Sprained?
そう。今も少し痛いんだ。
でも腫れが引いたから今日は靴が履けて良かったよ。

 

 

そう。今も少し痛いんだ。

Right. It still hurts a little bit.

hurt
「痛み」は「pain」と習った人は多いのではないでしょうか。
以下ももちろん正解です。
I feel pain.
(痛みを感じる)
しかし「痛い」には「It hurts.」がよく使われます。
hurt」は「~を傷つける」という意味なので、以下のような使い方もします。
I hurt my ankle.
(足首を傷つけた=足首ケガしちゃった)
You hurt me.
(あなたは私(の心)を傷つけた=傷ついたよ)

 

でも腫れが引いたから今日は靴が履けて良かったよ。

But the swelling went down so I’m glad to wear my shoes today.

go down
降りる、落ちる、下り坂になる、(太陽などが)沈むなどの意味ですが、痛みや腫れなどがピークを過ぎて弱まっていく様子にも使えます。

 

ダイアログ全体を日本語と英語で振り返ります。

Paul:
I heard you got injured last weekend.
週末にケガしたって聞いたけど。

Is that true?
本当?

YOU:
Yeah, I twisted my ankle when I played baseball last Saturday.
うん。土曜日に野球してたら足首ひねっちゃって。

But I feel much better now.
でも今はだいぶ良くなった。

Paul:
Sorry to hear that. Sprained?
それはお気の毒に。ねん挫?

YOU:
Right. It still hurts a little bit.
そう。今も少し痛いんだ。

But the swelling went down so I’m glad to wear my shoes today.
でも腫れが引いたから今日は靴が履けて良かったよ。

 

いかがでしたか?
週明けや休暇明けには同僚と休日の話になると思います。
ぜひ参考にしてみてください。

次回は「休み明けの会話②」です。お楽しみに。

もっと詳しく知りたい方はLINEの友だち追加をお願いします。

友だち追加

 

ご相談などはこちらから受け付けています。

※英会話だけでなく受験・留学などについても、ECCベストワン藤沢校には詳しいアドバイザーがいます。

 

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です