受付時間 火〜土 15:00~21:00

偏差値って何?そんなに大事?

 
この記事を書いている人 - WRITER -

~「偏差値のトリセツ欲しい~」と思っている保護者の皆さまへ~

受験というと偏差値がいやでも付いてきます。

特に高校受験では、中学の担任の先生や塾の先生が模試の偏差値を見ながら

「ここの高校なら行けるよ」

「この偏差値だったら、この高校の方が安全だね」

なんて言ったりします。気づけば、この得体の知らない「偏差値」というものに支配されたりしていませんか?

今日は、まず偏差値について簡単に説明したいと思います。

次に、理解したうえでその偏差値をどう捉えて、どう使うべきかを考えていきたいと思います。

支配されるのではなく、こっちがアドバンテージをとって利用してしまいましょう。

 

偏差値って何?

偏差値とは、50を取った人=平均点を取った人です。
つまり、50より上の人は、平均点より上の位置にいて、50より下の人は平均より下の位置にいるということです。
英語で80点を取ったとしても、平均点が80点だった場合、偏差値は50です。
逆に65点を取っても、平均点が60点だった場合、偏差値は50を超えます。

点数だけで判断するより、偏差値があった方が、自分の位置が分かりやすいですね。

しかしその位置は、その時の受験者(母集団)の中での位置です。母集団は、いつも同じではなく、大きかったり、小さかったり、実力が偏っていたりとさまざまです。便利な数字ではありますが、これに一喜一憂していては親子ともに疲れ切ってしまいます。そこで、親も子も、偏差値に対する捉え方を明確に決めて、振り回されないようにしてみませんか?

 

その偏差値をどう捉えたらいいの?(生徒編)

偏差値は、上記の通り、自分の位置が分かる便利な数字であることは確かです。ただ、この数字がなかなか上がらないと勉強が嫌いになったり、自分の希望を無視して高校を決めてしまったり、偏差値に振り回されてしまうケースもあるようです。

では、どうしたらよいのか?

そこで、ECCベストワン藤沢校の学校長に、偏差値に振り回されなかったケースについて聞いてみました。

川崎(私です):偏差値について過去のうまくいったエピソードありますか?

学校長:過去に柏陽高校を目指していた男の子がいました。しかしいわゆる「60%合格ライン」に届かず、模試の偏差値も努力圏と合格圏とのボーダーライン。そのため学校の3者面談では、柏陽高校ではなく鎌倉高校を勧められたそうです。さらに数日後、もう1つの塾でも、「『柏陽を受けろ!合格させるから!』とは言ってもらえなかった」と今度は泣きそうになっていました。しかし私は彼の頑張りを中2からずっと見てきました。模試はもちろん、教えた内容の復習をよく頑張っていて、確認テストはほぼ満点。そこで私は彼に「泣くくらい悔しいなら、過去の数値データと経験を後ろ盾にして、見返すつもりで頑張って、うれし泣きしようよ。」と言いました。すると、迷いを吹っ切って今まで以上に真剣に取り組むようになり、見事柏陽高校に合格したのです!
報告に来た時の自信に満ち溢れた彼の顔は忘れられません。私は、うれし泣きしちゃいました。

川崎:そうだったんですね~。もちろん彼の努力の賜物でしょうが、諦めなくてよかったですね。

学校長:はい。模試1回、2回の偏差値に振り回されていてはいけないですね。偏差値はそのテストにおいて自分の順位を示してくれる数字として捉え、自分の希望を忘れずにいてほしいですね。

 

その偏差値をどう捉えたらいいの?(保護者編)

今度は保護者の番です。
上で紹介したような努力家で優秀なお子さんの場合、保護者が偏差値に振り回されることはないかもしれませんね。
「でもうちは違うし~」と思ったのは私だけでしょうか?
私もかつて受験生の保護者でした。その時、中学の先生は「ここなら大丈夫かもね。不安ならこことか、こことか」とどんどんレベルを下げていきました。一方塾では、塾としての実績を意識しなければならないせいか、「こことかどう?前回の偏差値ならここも目指してみては?」とどんどんレベルを上げていきました。

再び学校長に登場してもらいます。

川崎:あの時は参りましたー。私だけじゃなく、学校も塾も偏差値に支配されてましたね。保護者は偏差値をどう捉えたらよいですか?

学校長:保護者の皆さんには、偏差値を子どもに積極的な動機づけを与えてくれる数字として捉えて頂きたいです。決して叱る材料にはせず、経過・変化に注目して、目標までのステップアップを期待する言葉をかけてあげてください。

川崎:ではまず子どもが志望校を決めるのを待てばいいですかね?

学校長:ただ、塾っぽいことを言ってすみませんが、最終的な志望校決定や受験校決定については、慎重にしてください。これまでの経過・変化と志望校・受験校の問題傾向や受験システム、今年の母集団の受験傾向など複合要因を総合的に考える必要があります。

川崎:それは塾の役目も大きそうですね。保護者は志望校決定時も、その後もやはり、サポート・応援に尽きるのでしょうか。そして偏差値をネガティブな要素として捉えないことも大事ですね。ま、これが一番難しそうですが。

 

まとめ

保護者の皆さま、お役に立てましたでしょうか?

まとめますと、偏差値は自分の位置を知るのに便利な数字

生徒さんたちは偏差値をそのテストにおいて自分の順位を示してくれる数字として捉え、模試1回、2回の偏差値に振り回されないこと。そして自分の希望を見失わないこと。

保護者のみなさんは、なんといってもお子さんのサポートが大事なので、偏差値を子どもに積極的な動機づけを与えてくれる数字として捉えること。決して叱る材料にはしないこと。

それでも悩みが尽きない場合は、是非ベストワン藤沢校までご相談ください。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です