受付時間 火〜土 15:00~21:00

無駄のない自宅学習 – 小学生編 –

 
この記事を書いている人 - WRITER -

こんにちは。ECCベストワン藤沢校の川崎です。

2020年春、こんな時だからこそ自宅学習を充実させましょう!

でもできるだけ無駄なく効率よくやりたいですよね。

そこで、ECCベストワン藤沢校の学校長や講師、卒業生のみなさんから自宅学習についてデータを集めてみました。これらをまとめて、無駄のない自宅学習の方法をご紹介します。

お父さん、お母さん、是非参考にしてみて下さい。

今回は小学生編です。

 

復習

 

復習はやはり大事ですね。

小学生の場合は漢字と算数です。なぜかというと、いわゆる「積み上げ型」教科だからです。例えば前の学年で習った漢字が読めないと、新しい教科書を読む際にその都度止まってしまいます。前の学年に習ったかけ算が分からないと、新しく習うわり算が分からなくなります。また四角形の知識がないと色々な四角形の面積を求める時に戸惑ってしまいます。

教材は前の学年の教科書やドリルで良いと思います。

効率よく無駄なくやるには・・・

 

学校長
学校長
毎日決まった時間に決まった科目を少しずつ。ちりも積もれば、の原理で。

 

前の日に出来なかった問題の確認からやるのが、大事なポイントだそうです。これを繰り返すことで確実な「出来た」が増えていきます。

  • 全体的に復習したい人は、厚さの薄い問題集で「学年の総まとめ」のものを買ってみてください。少しずつ進めて、最終的には1冊やりきりましょう!

 

予習

 

小学生の場合、予習は必要なのでしょうか?ECCベストワン藤沢校の学校長は予習推しです。

 

学校長
学校長
色々と意見があるようですが、私は勉強で大事なのは、予習すること、だと考えます。学校の授業をムダにしないし、学校の授業が復習になります。

 

では何をやればよいのでしょうか?

国語

国語の場合は音読がお薦めです。新学期が始まっているなら、次の授業でやる個所を読むとよいですね。でも春休み中なら、ドリルなどの文章問題を読んでみてください。お父さん・お母さんがそばで聞いていて、意味が分からない個所、読めない漢字を一緒に解決していければ最高ですね。新学年の授業が簡単になります。

教材がない方は出口汪さんが開発した『論理エンジ』はいかがでしょうか?
文章を論理的に読むことを教えてくれる問題集です。出題されている文章の選択も秀逸です。

 

算数

算数の場合もまずは読んでください。次に解説してある問題があるはずですので、これを解いてみます。ここまでで分からない個所があったら、是非おうちの人も手伝ってあげてください。ここまでクリアできたら、あとは練習問題を少しやって終了です。

 

お父さん・お母さんへ
好きなキャラクターのノートを買ってあげて「予習ノート」を作るなんていうのはどうでしょう?お子さんのモチベーションが上がりますよ。
また、どれだけ頑張ったかが分かっていいと思います。

 

理科と社会

理科も社会も頑張るぞ!というお子さんは、これまた音読がお薦めです。意味が分からない個所を辞書を使って調べることも大切です。そしてできれば、何について読んだかを「予習ノート」に書いてみて下さい。復習にも使えますし、文章力もアップします。お父さん、お母さんからの誉め言葉「こんなに頑張ったんだね~!」も忘れずにお願いします。

 

無料教材をお探しの方はこちらを参考にしてください

 

  • 中学受験をするお子さんの場合は、もっと成果を意識した勉強法を考えなければなりません。通っている塾に細かく相談してみてください。

 

親子の時間

 

こんな時だからこそ、親子の時間についても考えてみたいと思います。

小学生の場合は、もちろん一緒に遊ぶことも大事ですね。

または、ペア読書というのはどうでしょうか?

総合書店の「honto(ホント)」のプロデューサー、松原嘉哉さんも勧めているそうです。

2人1組がそれぞれ30分かけて同じ本を読んで、感想や疑問点などを話し合います。親子で一緒に読んでもよいそうですよ。

これらの楽しいことと勉強をバランスよくやりたいものです。

私の経験から言うと、子どもと一緒に「勉強と遊びの計画」を立てるとスムーズに勉強してくれるかもしれません。
まあ、必ずとは言いませんが^^;

私の周りのしっかりママさんたちは、画用紙に色鉛筆やクレヨンを使って、見ているだけで楽しくなるような計画表を書いていました。

今どきだと、スマホのスケジュールアプリに予定を入れて、アラーム機能を利用するのもいいですね。

以前、当校の学校長が「学習の習慣をつけるには学習の目的を明確にするとよい」と話していました。

 

 

小学生の場合も、「学習の目的」について親子で話し合った方がよいのでしょうか?

学校長
学校長
学習の目的が分かっている方がムダの少ない効率的な取り組みが出来るでしょう。ムダが少ない分、予定通りに事が進んで、結果的に褒められて、次も頑張るぞ!と習慣化がうまくいくのかもしれません。また、ムダに思えるような学習こそ面白いこともある、ということを覚えておいてください。そして、そのムダに思えることにのめり込んで学習していけば、ほかの子が学ばないことを予習していることになりますよね。もしかすると、それが将来の夢につながるかもしれません。

英語学習については、以下の記事で無料教材も紹介しています。是非参考にしてください。

 

 

 

友だち追加
この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です