受付時間 火〜土 15:00~21:00

英検合格事例特集!

 
この記事を書いている人 - WRITER -

こんにちは。ECCベストワン藤沢校の川崎です。

先日2019年度第3回の英検合格発表がありました!

当校からも合格者が沢山出て嬉しい限りです。

そこで今日は、合格事例としていくつかご紹介したいと思います。

何が合格の鍵となったのでしょうか?

 

意味の分からない単語が出た時の取り組み方

 

2級に合格したMさんの場合

Mさんは単語量が不足気味だったので、そこが心配でした。

長文を読む際に知らない単語が出てくると焦ってしまい、先に進めなくなったりするものですね。

そこでそういう時のために、ある程度の取り組み方を教えました。

例えば

★意味の分からない単語が副詞の場合は、飛ばしていい(笑)

★形容詞の場合も、慌てず抜かして読んでみる

ただ名詞の場合はちょっと違います。その名詞が目的語の場合は「○○を」と訳してその手前の動詞と合わせて読んでみます。
例えば「○○を開発する」
すると、意味が想像できることがあります。
ラッキーな場合は、テンパっていただけで、「なんだ、この単語知ってる!」となることもあります。

まだまだありますが、詳しくはお問い合わせください。

合格おめでとうございました!

 

覚えた単語が使われている問題を解いて単語定着

 

準2級に合格したKさんの場合

Kさんの場合は、やはり単語暗記が肝になると思いました。

そこで限られた期間で暗記の効率を上げるために、
英検に特化した単語を暗記 ⇒ その単語を使っている問題を解く
を繰り返すことで単語の定着を図りました。

英検に特化した単語教材には

でる順パス単

などがあります。

定着させるには単語単体で覚えるより、問題を解いた方がよいようです。

その成果が出て見事合格。おめでとうございました!

 

 

 

やはり過去問はたくさんやりましょう!

 

3級に合格したTさんの場合

スペリングに不安があったので、ライティングで点が取れなかった場合は、リーディングやリスニングでその分をカバーしなければなりません。そこで、過去問を出来るだけたくさん解いてもらいました。

やはり過去問は大事ですね。多くやればやるほど、精神的にも安心できます。
Tさんの場合は、対策期間が短かったため、特に過去問重視で取り組みました。

そしてチャレンジ受験だったにもかかわらず見事合格。おめでとうございました!

 

詳しくは、以下をご覧ください。

詳しい合格事例

成功事例

 

 

二次試験について

ECCベストワン藤沢校では、二次試験対策もしています。
ドアのノックから始まり、最後の「Goodbye」まで、僭越ながら川崎も面接官役をやらせていただきます。

心配でしたら、二次試験当日まで毎日来てもいいですよ。講師と私で交互にお相手します。

準2級からは、自分の意見を言わなければならない質問が2問出ます。ここが一番緊張するようなので、最後の方はこの2問ばかり集中してやることも多いです。
コツも教えますので、是非ご相談ください。

 

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です