受付時間 火〜土 15:00~21:00

Let’s enjoy <簡単英語>! 感情表現編④ #009

 
この記事を書いている人 - WRITER -

英語が苦手という人、難しく考えすぎていませんか?

ここでは簡単英語をご紹介します。

聞いたことのある英語、中学で習った英語を使って、楽しく英語に向き合いましょう。

9回目の今日は感情表現編④です。

自分の気持ちを簡単な英語で表しましょう。

 

相手にイライラしたとき

 

How dare you say that!
よくそんなことが言えるよね!

dareは「あえて〇〇する」という意味ですが、how dareで「よくもまあそんなことを」というニュアンスになります。
以下のように、say thatを略すこともできます。
How dare you!
(よくもまあ!)

🍀グレータ・トゥーンベリさん

スウェーデンの環境活動家グレータ・トゥーンベリ(Greta Thunberg)さんが、2019年の国連気候変動サミットにおいて、How dare youを何度も使い、話題になりました。当時まだ16歳でした。
興味のある方は聞いてみてください。
2019年のグレータ・トゥーンベリさんのスピーチ

 

Give me a break.
勘弁してよ。

breakは「短い休憩」という意味ですので、「もう耐えられないからちょっと休憩させてくれ」といった感じでしょうか。

 

頭にきて相手を追い払いたいとき

 

Go away!
あっちへ行け!

相手に出て行ってほしいときはシンプルにこれが使えます。
強い言い方なので、こういう状況にはならないほうがいいですけどね。

 

Leave me alone.
ほっといてよ。

映画やドラマでも聞いたことがあるかもしれません。
これも強い言い方ですが、口うるさい母親に対して、反抗期の子供が使ったりもします。

 

まとめ

今日はここまでです。

以下に今日の表現をまとめます。

今回はきつい表現ばかりになってしまいました。
使わなくて済むことを祈りつつ、でも言わなければならないときは言ってください^^;

簡単英語で、英語によるコミュニケーションの第一歩を踏み出しましょう!

 

How dare you say that!
よくそんなことが言えるよね!

Give me a break.
勘弁してよ。

Go away!
あっちへ行け!

Leave me alone.
ほっといてよ。

 

次回も感情表現編です。もちろんいつもの簡単英語です。

他の<簡単英語>

Let’s enjoy <簡単英語>

 

※ECCベストワン藤沢校では、スキマ時間にできるオンライン英会話クラスを受けることができます。お気軽にご相談ください。

 

友だち追加
この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です