受付時間 火〜土 15:00~21:00

Let’s enjoy <簡単英語>! 感情表現編⑦ #012

 
この記事を書いている人 - WRITER -

英語が苦手という人、難しく考えすぎていませんか?

ここでは簡単英語をご紹介します。

聞いたことのある英語、中学で習った英語を使って、楽しく英語に向き合いましょう。

12回目の今日は感情表現編⑦です。

自分の気持ちを簡単な英語で表しましょう。

 

怖いとき

 

I’m scared.
怖い。

シンプルに「怖いよ」と伝えたいときはこれでいきましょう。
「驚いた」=「I’m surprised.」などと同じように受け身の形「be動詞+過去分詞」にします。
「自分が怖いと感じている」ことを伝えたいのではなく、「何かが怖い」場合は、以下のように「scary」を使います。
That’s scary.

(それ、怖いよ)

 

Don’t scare me.
怖がらせないでよ。

怖いときは「scare, scary, scared」のどれかを使えば大丈夫です。
上の表現は、誰かに「わっ!」と言われて、「驚かさないでよ。ビビったなー」というカジュアルなときにも使えます。
また、以下のようにまじめなシチュエーションでも使えます。
Don’t worry because he is a liar. He’s just trying to scare us.
(彼は噓つきだから心配しなくて大丈夫。私たちを怖がらせようとしてるだけ。)

 

困ったとき

 

I’m really in trouble.
マジでやばい(本当に困った)。

トラブル(trouble)という言葉が入っているので覚えやすいのではないでしょうか?
直訳すると「本当にトラブルの中にいる」ですね。結構大変な状況のときに使います。

 

This is a big problem.
これは大問題だね。

これもシンプルで覚えやすいですね。
自分が主語ではなく、「何かが問題だ。」と言いたいときに使います。
先に状況を1センテンスで話してから、「これが大問題だ」と言うパターンと、状況説明も含めて1センテンスにするパターンを以下に示します。
I have no money. This is a big problem.
(私にはお金がない。これが大問題なんだ。)

The big problem is that I have no money.
(大問題なのは、私にお金がないことなんだ。)

 

まとめ

今日はここまでです。

以下に今日の表現をまとめます。

簡単英語で、英語によるコミュニケーションの第一歩を踏み出しましょう!

 

I’m scared.
怖い。

Don’t scare me.
怖がらせないでよ。

I’m really in trouble.
マジでやばい(本当に困った)。

This is a big problem.
これは大問題だね。

 

次回も感情表現編です。もちろんいつもの簡単英語です。

他の<簡単英語>

Let’s enjoy <簡単英語>

 

※ECCベストワン藤沢校では、スキマ時間にできるオンライン英会話クラスを受けることができます。お気軽にご相談ください。

 

友だち追加
この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です