受付時間 火〜土 15:00~21:00

勉強に息抜きは必要です!3つの完璧なポイント教えます!

 
この記事を書いている人 - WRITER -

こんにちは。ECCベストワン藤沢校の川崎です。

勉強に息抜きは必要だと思いますか?
恐らくこの答えはほぼ全員が「はい」なのではないでしょうか?

理由はずばり、息抜きをしないと効率が落ちるからです。

自分では集中しているつもりでも、疲れてくるとミスが増えたり、なかなか先に進まなくなったりします。仕事でも同じですね。
私自身も、仕事上読まなければならない英文の意味が分からず、困ることがあります。5分間の休憩を取ってお茶を飲みながらさっきの英文を考えたりしますが、一向に進みません。その部分を抜かして他を進め、また戻りますが分かりません。こういう時は短い休憩というより息抜きです。だいたい、掃除をして、その後ドラマの録画を2本見ます(笑)。

2本見終わったところで、「あ、そうだった、仕事の続きをしなければ」と思い出し、もう一度読んでみると、何故かすぐに理解できることが多いのです。体力的に疲れていたり、分からないせいで焦ったり…。色々な原因が混ざっているのかもしれませんが、こういう時は息抜きが効果的です。短い休憩・ブレイクよりも少し長い気分転換ですね。

 

今回は、息抜きに必要な3つのポイントをおさえて、みなさんを完璧な息抜きができる人にします!

 

 

3つのポイント

  1. 勉強と全く関係ないことをする
  2. きちんと計画的に
  3. 長さ、頻度は変動的に

 

勉強と全く関係ないことをする

1つめは、かなり重要です。学校長に聞いてみました。

勉強とは全く関係ないことがいいんですよね?

学校長
学校長
はい。そうでないと「息抜きにならないじゃん!」って生徒が不機嫌になるのが目に見えます。好きなことをやってもいいんじゃないでしょうか。

 

ベストワン藤沢校の先生や友だち、子ども、大昔受験をした母にまで聞いてみましたが、以下のようなものがありました。

  • 好きな映画をみる
  • 友達と会う
  • スポーツをする
  • 好きなものを食べる
  • 読みたかった本を読む
  • とにかく寝る
  • だらだらとテレビを見る
  • ゲームで遊ぶ
学校長
学校長
いいですね。ただ忘れてはいけないのが、「何のための息抜きなのか」ということ。2時間の息抜きのつもりで、本棚の整理整頓をし始める。すると本棚の埃が気になってくる。そして掃除し始める。挙句の果てに懐かしい本の内容が気になって本を1ページめくりなんかした時にはもう…。息抜きではなくなりますね。「国語の勉強だからね。」と自己弁護していたのは、実は私です。

ゲームとか目を使うようなものでもいいんですか?

学校長
学校長
基本的にはいいと思います。息抜きの目的は、今まで使っていた脳の一部を休ませることだと考えます。そのために勉強とは違うことをやる方が、息抜きの趣旨に合っているでしょう。

なるほど。ただ長時間、夜中などにやる場合は、ブルーライトの影響も心配ですね。ブルーライトについては色々なことが分かってきているので、以下に少しご紹介します。

 

ブルーライトによる影響
※パソコンやスマートフォンなどのLEDディスプレイやLED照明には、このブルーライトが多く含まれています。

網膜への影響
紫外線やブルーライトのような強い光を浴び続けると、網膜の中心部にある「黄斑」がダメージを受け、加齢とともに増える眼病「加齢黄斑変性」の原因になる場合がある。

眼の疲れ(痛み)
ディスプレイ、キーボード等により構成されたVDT(Visual Display Terminals)機器を使用した作業は、瞬きの回数が減少してドライアイになると言われてきたが、最近ではディスプレイから発せられるにブルーライトこそ、目の疲れの大きな要因になっていることがわかった。

睡眠への影響
夜遅くまでパソコンなどのLEDディスプレイでブルーライトを浴びる生活は、体内時計を乱れさせ、寝つきが悪くなったり、眠りが浅くなったりする。

この他にも「精神への影響」などが分かっています。こういった知識を持っておくことも大切ですね。

引用:ブルーライト研究会

 

学校長
学校長
確かにゲームを息抜きにして生じる悩ましい問題は、「今すぐ終われない。あとちょっとだけだから。」問題です。ブルーライトのことも考えると、短い休憩程度にした方が良いかもしれませんね。その自信がないのならば、他の選択肢がいいでしょう。

そうかもしれません。お勧めの息抜きはありますか?

学校長
学校長
ウォーキングですね。ウォーキングが頭をリフレッシュさせるのに効果的なことを証明している論文もあります。ウォーキングについては、また別の機会にお話しする予定です。もしも、試験まで時間がなくて、「勉強以外のことなんか考えられない。そんな余裕はない!」なんて人は、勉強する科目を変えるのも効果的でしょう。国英社の文系科目の間に数理の理系科目を挟むなど。まあ、これは皆さんが知っているところかもしれませんが。

そうですか!確かに気分が焦っているのに「無理矢理スポーツで息抜きをしなさい」と言われても、息抜きにならないかもしれませんね。

学校長
学校長
はい。または、「使っていた脳を休める」という意味では、仮眠をとるのも一案ですね。人間が目を開けていれば何らかの情報が入ってくるわけで、目や脳を休めようと思えば、目を閉じるしかないですから。

 

きちんと計画的に

2つめは、「計画的に息抜きをする」ということです。

 

短い休憩も含めて、「今日はやる気になってるから、休憩や息抜きなしでずっとやるぞ!」ではダメということですね?

学校長
学校長
そうです。真剣に学習に取り組む段階になれば、息抜きすら、勉強を始める前に、勉強の計画の一部として決めておくべきです。

思い付きではだめだということですね。

学校長
学校長
はい。先ほどの本棚の整理の話にしても、計画ではなく本棚の乱雑さが気になって始めたわけです。なので、整頓だけでは済まなくなり、スッキリしないまま勉強に戻るのがどんどん難しくなってしまう。息抜きの時間に見合った内容をあらかじめ決めておくことです。

逆に、勉強の途中であっても、休憩や息抜きの計画が入っている場合は、勉強を中断した方がよいということでしょうか?

学校長
学校長
その通りですね。

ここでは、前回のブログ「朝型か夜型のタイプ決め、お手伝いします!」に出てきた「ヘミングウェイ方式とツァイガルニク効果」が関連してきそうです。簡単にご紹介しておきます。

ヘミングウェイ方式
時間または量のどちらかだけの目標を立て、
時間の目標を達成すれば、少ししか進まなくてもOK
量の目標を達成すれば、時間はどんなに短くてもOK
というやり方。

ツァイガルニク効果
人は達成できなかった事柄や中断している事柄のほうを、達成できた事柄よりもよく覚えているという現象。

つまり、きちんと「息抜き計画」を立て、息抜き(または小休憩)の時間になったら勉強の途中でやめても、意外と効果がある!ということです。

詳しくはこちら

 

長さ、頻度は変動的に

最後は、息抜きの長さと頻度です。

息抜きの長さや頻度はどのくらいが妥当なのでしょうか?

学校長
学校長
長めの息抜きの前に、10分~15分の小休憩も重要です。45~50分間、学習に集中して、10分~15分の息抜きをすれば、1時間サイクルで学習計画が立てやすいですね。人によってはもっと短くしたい人もいるかも。もっと長くしたい人もいるでしょうか。

普段は「勉強⇔小休憩」の繰り返しですね。ただそれだけでは気分転換が難しく、気づかないうちに効率が下がってしまいます。そこで完全に関係のないことをする息抜きを計画に入れるわけですね。

学校長
学校長
そうです。この息抜きの長さも重要なのですが、正直これは、その人の学習計画、試験までの時間などによります。例えば「夏期講習を10日連続頑張った後、丸1日友だちとディズニーランドに行く」というのは良いでしょう。でも入試が迫った時期に、「1日頑張った後、半日ゲームをする」というのは、ちょっと長すぎる感じがします。

以上が3つのポイントです。

前回のブログから朝型か夜型かを決めて、ヘミングウェイ方式を取り入れながら計画的に完璧な息抜きをすれば、あとは「効率の良い勉強」しか残りません。

頑張ってください!

計画を一人で立てるのは大変だ!という方は是非ご相談ください。

 

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です