受付時間 火〜土 15:00~21:00

中学受験に英語はいつから加わるの?現状とこれから

 
この記事を書いている人 - WRITER -

こんにちは。ECCベストワン藤沢校の川崎です。

いよいよ今年2020年4月から英語が小学校にも本格的にやってきます。
小学3年生と4年生は「外国語活動」、5年生と6年生は「外国語」という教科です。

そこでこんなうわさを聞いたことはありませんか?

中学受験の教科に英語が加わるらしい

現時点ではっきりとした答えを出せる人はいないかもしれませんが、以下が妥当な答えでしょうか。

英語を受験科目として採用している中学校はすでにあります
そしてその数は増え続けていますが、すぐに全中学校が採用することはないでしょう

今日は、中学受験の英語に関する現状とこれからについてお話しします。

 

今は選択制、でも増加中

 

まずは現状からです。現在英語を受験科目として採用している中学校は、「選択制」という形をとっています。

選択制とは、例えば以下のようなものです。

国語・算数・英語から2科選択
以下2つの試験内容から選択
4科(国語・算数・理科・社会)と面接
3科(国語・算数・英語)と面接

今はまだ必修科目になることはありませんが、この選択制という形で採用する中学校が増えていることは事実です。

首都圏(一都四県)の国立・私立中学校で入試に「英語」を導入している学校

2019年度は125校もあったんですね。

ちなみに藤沢市にある慶應義塾湘南藤沢(SFC)中等部も2019年度から「英語(選択)入試」を導入しています。

 

今後は必修科目になる?

 

小学生英語はこれから始まるわけですから、すぐに中学受験の必修科目になることはないでしょうね。実際に「英語入試は当面行わない」と発表している中学校もあります。

ですので、やはり選択制という形で増えていくと考えられます。

とはいえ、英語が小学校の教科になった以上、必修科目にしてもよいということになります。
英算国理社5科を入試科目とする学校が出てきても不思議ではありません。
志望校の学校説明会などに参加して、個別に情報収集をする必要があります。

 

英語のレベルは?

 

英語入試のレベルも気になる所ですね。ここで学校長に聞いてみます。

 

英語入試のレベルはどの程度が一般的なのでしょうか?

学校長
学校長
現在の中学1~2年生で学習する英検5級、4級あたりと言われています。

 

それ以上を求めてくる中学校も登場しそうですが・・・

学校長
学校長
この辺りですと、先ほどのSFCは「英検2級から準1級程度の筆記試験(リスニングを含む)」と明言しています。

 

小学生で2級から準1級ですか!?すごいですね。勉強の対策としてはやはり英検ですか?

学校長
学校長
これまで選択制の入試でも、英検に似た形式が多いので、英検の勉強がよいのではないでしょうか。

学校によってはリスニングやスピーキングも受験の内容に入っているそうです。コミュニケーション能力も求められるのですね。

 

話はそれますが、数年前に、近所で韓国人の女の子(大学生)に道を聞かれました。
なんと、女一人旅。
しかし日本語は全く喋れなかったので、英語で会話をしました。
英語がとても上手だったので、「韓国人の人たちってみんな英語がうまいですよね?」と聞くと
「小学校で習うだけで、卒業するころにはある程度は喋れるようになる」ということでした。

英会話教室などは通ったことがないそうです。

日本もそんな風になるのでしょうか?

これから始まる小学校英語を通じて、中学受験をしない子供たちにも英語でのコミュニケーション能力がつくことを期待したいですね。

中学受験、英検に興味のある方は是非ご相談ください。

まずは英検5級から始めてみませんか?

※「英検」は、公益財団法人 日本英語検定協会の登録商標です。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です